読んでおくだけでも違う!家庭でできる災害への備え

まず確認しておきたいこと

用意しておきたい水と食糧

倒壊や浸水など、家の中に居られないような災害の場合、あるいは家の中には居られるけれども家事道具が全滅してしまったような場合に、とりあえず持っていたいのが、水と食糧です。
命に関わる重要な要素です。

水は飲用の外にも、トイレや、汚れた身体を清潔に保つのにも必要になります。
一日1人あたり、3リットルが必要と言われています。
そしてそれを家族の人数分、孤立した時の為に3日分は用意しておきたいです。
ペットボトルで考えると、人数によっては結構な量になりそうですが、普段、それだけの水を水道から使用しているのですね。

食糧は、災害用の製品が続々と開発されていると思います。
水と同様、最低3日分用意したいものです。
炭水化物と一緒にバランスのよい栄養素が摂れるもの、さらには火を使わず調理できて温かいものがあれば、ありがたいですね。



ローリングストック

今回調べて、初めて知った用語ですが、ローリングストックという考え方があるそうです。

水や食糧を多めに買い物して、食事で消費しない分を、備えとして蓄えておく。
そして次の買い物も多めにして、蓄えの中から賞味期限の切れそうなものは食べていき、また残りを備えに回していく。
それをローリングストックと呼ぶそうです。

政府の防災資料で見かけたのですが、あまり浸透していないような気もします。
保存方法など、ちょっとコツが要りそうですが、慣れていけば、出来ることから少しづつということで、よいアイデアかもしれません。

自身振り返ってみても、東日本大震災の直後、近くのコンビニに食糧を買いに走った記憶があります。
その当時このアイデアを知っていたなら、と思います。